ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子どもの予防接種

印刷用ページを表示する掲載日:2021年10月19日更新

 枕崎市では,予防接種法に基づき,以下の予防接種を予防接種協力医療機関で実施しています。

 予防接種の通知書,予診票については,標準的な接種の対象年齢(月齢)に個人に通知しています。
 予防接種の詳しい情報については,通知書に同封します説明書や生後1か月から2か月時に配布します「予防接種と子どもの健康」の冊子をご活用ください。

BCG

1回接種対象年齢:1歳未満
標準的な接種:生後5か月~8か月未満

四種混合

1期初回(3回)

対象年齢:生後3か月~7歳6か月未満
20日以上の間隔をおいて3回接種(1期初回)
標準的な接種期間は3か月~1歳未満
標準的な接種間隔は20日~56日

1期追加(1回)

3回目から6か月以上あけて1回接種(1期追加)
標準的な接種間隔は3回目から12か月以上18か月未満

二種混合(ジフテリア・破傷風)

1回接種対象年齢:11歳以上13歳未満
標準的な接種期間は11歳以上12歳未満

麻しん・風しん混合

1期(1回)対象年齢:1歳以上2歳未満
1歳になったらできるだけ早めに接種しましょう。
2期(1回)対象年齢:小学校就学前の1年間にある人

日本脳炎

1期初回(2回)対象年齢:生後6か月から7歳6か月未満
6日以上の間隔をおいて2回接種(1期初回)
標準的な接種間隔 3歳以上4歳未満に6日から28日の間隔をおいて2回接種
1期追加初回接種から6月以上の間隔をおいて1回接種(1期追加)
標準的な接種間隔 4歳以上5歳未満に初回接種から概ね1年間の間隔をおいて1回接種
2期(1回)対象年齢:9歳以上13歳未満
標準的な接種期間は9歳以上10歳未満

平成17年から21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した人

  対象者:平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの人(特例対象者)

  • 1期(3回),2期(1回)のうち未接種分が接種できます。
  • 対象期間:上記対象者が20歳未満まで
  • 2期については,9歳以上20歳未満

接種を希望される人は健康センター(Tel 0993-72-7176)までご連絡ください。

ヒブ

初回(3回)対象年齢:生後2か月から5歳未満
生後12月に至るまでに27日以上の間隔をおいて3回接種(初回接種)
接種開始年齢(月齢)で接種回数が異なります。
標準的な接種間隔:生後2か月から7か月未満に開始し,27日から56日の間隔をおいて生後12月にいたるまでに3回接種
追加(1回)3回目から7月以上の間隔をおいて1回接種(追加接種)
標準的な接種間隔 3回目から7か月から13か月未満の間隔をおいて1回接種

小児用肺炎球菌

初回(3回)対象年齢:生後2か月から5歳未満
生後24月に至るまでに27日以上の間隔をおいて3回接種(初回接種)
接種開始年齢(月齢)で接種回数が異なります。
標準的な接種:生後2か月から7か月未満に開始し,27日以上の間隔をおいて生後12月にいたるまでに3回接種
追加(1回)3回目から60日以上の間隔をおいて,生後12か月に至った日以降に1回接種(追加接種)
標準的な接種間隔 3回目から60日以上の間隔をおいて,生後12か月から15か月の間に1回接種

水痘

2回接種対象年齢:1歳から3歳未満
1歳から3歳に達するまでの間に3月以上の間隔をあけて2回接種する。
標準的な接種 生後12か月から15か月になるまでに1回目を接種,1回目終了後から6月から12月の間隔をおいて2回目を接種する。

B型肝炎

3回接種対象年齢:生後2カ月から1歳未満
標準的な接種間隔
  • 2回目:1回目の接種から27日以上
  • 3回目:1回目の接種から139日以上

※母子感染予防事業の対象者を除く。

ヒトパピローマウイルス

※一時的に接種の勧奨を差し控えています。

3回接種対象年齢:小学6年生から高校1年生相当年齢の女性
標準的な接種 中学1年生の年度に3回接種

ワクチンは2種類あり,種類により接種間隔が異なります。

ワクチン名標準的な接種間隔
サーバリックス1回目を0月とし2回目を1か月後,3回目を6か月後に接種
ガーダシル1回目を0月とし2回目を2か月後,3回目を6か月後に接種

※希望する方は,健康センターへご連絡ください。

ロタウイルスワクチン

ワクチンの種類と対象週数 

1価ワクチン
(ロタリックス)
生後6週から24週(168日)の間に4週以上の間隔をおいて2回接種1回目は生後14週6日までの接種が推奨されています。
5価ワクチン
(ロタテック)
生後6週から32週(224日)の間に4週以上の間隔をおいて3回接種