ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふるさと応援寄付金の申し込み方法について

ふるさと応援寄付金の納付方法について

税制上の優遇措置について

ワンストップ特例制度

寄付金の活用について


ワンストップ特例制度

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月30日更新

ワンストップ特例制度

 平成27年4月1日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。
 この制度は,確定申告を行わない給与所得のみの方などがふるさと納税を行う際,個人住民税が課税されている自治体に対する寄附金控除の申請を,寄附先の自治体が寄付者に代わって行うことができる制度です。(平成27年4月1日以降に寄附される方が対象です。)

※確定申告をされる場合,所得税と個人住民税から還付及び軽減を受けることになりますが,ワンストップ特例制度の場合は,所得税の軽減相当額を含め,個人住民税からまとめて控除を受けることになります。

 この制度を利用できる方は,以下の2つの要件に該当する方のみとなります。

  1. 寄附金控除を受ける目的以外で所得税や住民税の申告を行う必要がない方
    ※確定申告を行わなければならない自営業等の方や,給与所得の方でも医療費控除等で確定申告を行う方などは対象になりません。
  2. その年にふるさと納税をされる自治体の数が5団体以下であると見込まれる方

制度の申請手続きについて

申請方法

 上記の2つの要件に該当し,制度の利用を希望される方は,下記の申請書提出先にワンストップ特例申請書と必要書類を一緒に提出してください。

※押印が必要なため,郵送での提出をお願いします。

申請書提出先

〒898-8501 鹿児島県枕崎市千代田町27番地
        枕崎市役所企画調整課企画調整係

申請内容に変更が生じた場合

 申請書の提出後に,住所,氏名などに変更があった場合,申請をした翌年の1月10日までに「変更届出書」と「変更後の内容が証明できる書類の写し」を一緒に提出してください。なお,申請後にふるさと納税の寄附先が5団体を超えた場合は,ワンストップ特例申請が無効となり,確定申告をしていただく必要がありますのでご注意ください。

※ 枕崎市への寄附金をかたった寄附の強要や詐欺行為には十分ご注意ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)