ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 埋蔵文化財情報 > 埋蔵文化財包蔵地 > > 埋蔵文化財包蔵地照会

埋蔵文化財包蔵地照会

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月9日更新

埋蔵文化財包蔵地の確認について

 開発地及び開発予定地が、埋蔵文化財包蔵地があるかどうかの確認は、枕崎市教育委員会文化課への照会が必要になります。

照会方法について

 照会依頼書及び照会場所の分かるものを添付し、提出先へFax、メールまたは直接持ってくるなどして照会して下さい。

 鹿児島県埋蔵文化センターが更新している「埋蔵文化財情報データベース」にて事前確認も行えますので、ご活用ください。

埋蔵文化財情報データベースHP
http://www.jomon-no-mori.jp/kmai_public/map_det.html?search_type=map&area=area_nansatsu_makurazaki&city=3<外部リンク>

埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等を行う場合

 周知の遺跡があり、その土地内及び土地近辺で土木工事等を行う場合「文化財保護法」の規定に基づき、事前の届出が必要になります。届出書類の提出後は、市教育委員会から発掘調査・工事立合・慎重工事などの回答(指示)があります。

届出書類

 ○周知の埋蔵文化財包蔵地における土木工事等について(届出)」
(民間の方は第93条第1項様式、国や地方公共団体の方は第94条第1項様式になります。)

 ○位置図、平面図、立面図、周辺図、建物配置図(構造計画図)、基礎断面図等の周辺状況及び開発予定建築物がわかるもの

届出書類の提出期限

  • 土木工事等の着工の60日前まで(民間用)
  • 通知を計画策定の段階(国・地方公共団体)

届出書類の提出先

 枕崎市教育委員会文化課(枕崎市文化資料センター南溟館 内)
 〒898-0013(鹿児島県枕崎市山手町175番地)
 Tel / Fax 0993-72-9998
 メール bunka@city.makurazaki.lg.jp

工事中に遺跡を発掘した時について

 工事中に、遺跡や埋蔵物が万が一出土した場合は「文化財保護法」第96条に基づき、現状を変更することなく、直ちに枕崎市教育委員会文化課までご連絡ください。

 


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)