ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

枕崎市の歴史・文化

枕崎市文化資料センター「南溟館(なんめいかん)」

南溟館の全景写真
南溟館の外観写真1 南溟館の外観写真2

 枕崎市文化資料センター南溟館(なんめいかん)は、小高い丘の片平山公園の中にあり、船のイカリをモチーフにデザインされた本館の建物や、屋外広場には波形のベンチを配置するなど「海」をイメージした大型木造施設となっています。
 山口長男、海老原喜之助、吉井淳二画伯などの作品のほか、現代美術の公募展「枕崎国際芸術賞展」や「風の芸術展」の絵画や彫刻を展示しています。

枕崎国際芸術賞展

南溟館「枕崎国際芸術賞展」の写真

国内・国外を問わず広く作品を募集し、優れた作品の発表と鑑賞の場を提供。芸術文化の発信地として、国際文化交流と地域文化の向上を図っています。

風の芸術展・青空美術館

南溟館「風の芸術展・青空美術館」の写真

枕崎市では、「風の芸術展」ゆかりの立体作品を街中に設置し、芸術文化の風薫る魅力的なまちを創造しながら、まちそのものを「青空美術館」として、来訪者や市民の憩いの空間として捉えています。

南溟館の詳細はこちら

関連サイト

枕崎市観光協会公式サイト<外部リンク>さつま黒潮「きばらん海」枕崎港まつり<外部リンク>薩摩酒造花渡川蒸留所「明治蔵」<外部リンク>