ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 別府小学校

別府小学校 概要

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月3日更新

 別府小学校は,枕崎市街地から東へ6キロメートル,海岸から3kmの台地にあり,教育の場にふさわしい静かな環境に恵まれています。教室からは,雄大な開聞岳をはじめ,三島や屋久島が望めます。学校の北側は茶畑が広がっており,茶業へ従事する校区民も多く,サツマイモ栽培やハウス園芸も盛んです.
 今年度で139周年を迎える本校は,教児一体となって育てられた色とりどりの花が咲き誇り,毎朝登校してくる子どもたちのあいさつが元気に響き渡っています。
 地域との交流も図られ,高齢者とのグラウンドゴルフ大会や昔の遊び体験,ふれあい給食,枕崎市茶業青年部の方々を講師とした「おいしいお茶の入れ方教室」などは毎年行われています。 
 本校は,平成29年度~平成30年度の南薩地区の研究協力校として,研究主題に「基礎・基本を身に付け,進んで学び深く考える子どもの育成」を設定し,副主題として「主体的・対話的な学習を通して,深い学びを実現する算数科指導を目指して」を掲げ,算数科の指導法改善の実践研究に取り組みました。昨年の10月26日にその研究の一端を公開しましたが,市内外から多くの先生方に参加いただき,本校の研究に対して称賛をいただきました。本年度は昨年度までの研究をベースに,国語科について「主体的・対話的で深い学び」のある授業を目指して研究していきます。