ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
外部リンク

非常時持ち出し品

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月8日更新

避難時持ち出し品は「枕崎市防災マップ」に掲載されています。

最低限そろえておきたいもの

避難時持ち出し品

懐中電灯

できれば1人に1つ用意。予備の電池と電球も忘れずに。

携帯ラジオ

小型で軽く,AMとFMの両方を聞けるものを用意。予備の電池は多めに用意を。

非常食・水

カンパンや缶詰など,火を通さずに食べられるものを。水はペットボトル入りのミネラルウォーターがよい。乳幼児がいる場合には粉ミルクなども忘れずに。

貴重品

現金,預金通帳,印鑑,免許証,権利証書,健康保険証など。現金は10円硬貨も(公衆電話の利用に便利)。

救急薬品・常備薬

キズ薬,ばんそうこう,解熱剤,かぜ薬,胃腸薬,目薬など。常備薬があれば忘れずに用意を。

その他

ヘルメット(防災ずきん),上着・下着,タオル,軍手,紙の食器,ライター(マッチ),缶切り,栓抜き,ろうそく,ナイフ,ビニール袋,ティッシュ,ビニールシート,生理用品,紙おむつ,ほ乳びん など

災害復旧までの数日間自活するため用意するもの(2次持ち出し品)

最低でも3日分,できれば5日分を用意しておきましょう。

非常食

缶詰やレトルト食品,ドライフーズや栄養補助食品,チョコレート・アメなどの菓子類,調味料など。

飲料水

1人当たり,1日3リットルが目安。缶入りやペットボトルのミネラルウォーターのほか,ポリ容器にも水をためておくのも便利。

燃料・その他

卓上コンロや固形燃料,予備のガスボンベのほか,毛布,寝袋,洗面用具,ラップ,使い捨てカイロ,ロープ,バール,スコップなどの工具,マスク,トイレットペーパー,新聞紙,簡易トイレ,予備のめがね,バイク,自転車,ドライシャンプーなどがあると便利。