ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下水道のしくみについて

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月30日更新

下水道のしくみ

 下水道は,排出された汚水(生活雑排水)を,科学的・衛生的に処理・浄化して川に放流する施設です。
 枕崎市の下水道処理方法は,分流式(汚水のみ)です。したがって,雨水を下水道へ流すことは出来ません。
 下水道のしくみの詳細については,下記のサイトをご参照ください。

汚水がきれいになるしくみ

 下水道の施設は,排出された汚水を科学的・衛生的に処理する終末処理場と,
汚水を終末処理場まで流すための管渠・中継ポンプ場があります。

汚水処理の仕組みのイラスト

管渠(下水道管)

 家庭や工場等から排出される汚水を流す施設で,ゆるやかな勾配をとりながら道路に埋設します。

管渠布設の様子

中継ポンプ場

 管渠を埋設する深さが一定以上の深さに達した場合に設置し,汚水を汲み上げて流すための施設です。

松之尾汚水中継ポンプ場の写真

終末処理場

 微生物を使って汚水を科学的に分解し,きれいな水を川に放流する施設です。

枕崎終末処理場の写真