ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民生活課 > 食品ロス削減に取り組みましょう

食品ロス削減に取り組みましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2021年11月25日更新

食品ロスについて

 食品ロスとは、まだ食べられるのに捨ててしまわれている食品のことで、日本では年間600万トン以上の食品ロスが発生しています。国民一人当たりお茶碗一杯分の食品を毎日捨てている計算になります。
■食品ロス削減のためにできること
【買いすぎに注意】
 買い物に行く前に、冷蔵庫をチェックし必要なものだけ買いましょう。
【作りすぎに注意】
 食べきれなかった場合は、他の料理に作り替えるなど工夫しましょう。
【食材の使い切り】
 野菜など傷みやすい食品は早めに使い切りましょう。
【適量を注文】
 外食・宴会時は食べ切れる量を注文しましょう。
【3010(さんまるいちまる)運動】
 宴会の際は最初の30分間は料理を楽しみ、最後の10分間は自分の席に戻って残さず食べるようにしましょう。
3010運動ポスター
のぼり旗