ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小・中学校・高等学校 > 枕崎市内の小・中学校耐震診断について

枕崎市内の小・中学校耐震診断について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月30日更新

枕崎市立小・中学校の耐震診断結果の公表について

 平成20年6月,国の地震防災対策特別措置法の一部が改正され,公立小・中学校等の建物の耐震診断結果の公表が義務付けられました。

 このことをふまえ,平成20年度以降本市が実施した耐震診断結果を下記のとおり公表します。

※ RCとは鉄筋コンクリート造を意味します。

参考

構造耐震指標(Is値)について

  1. 耐震診断により算出される指標で,耐震性の評価に利用されます。
  2. Is値は,建物の強さ,地震に対するねばり強さ,形状,経年による劣化の積による耐震性能を表す指標です。
  3. 地震は震度6強程度を想定しています。

震度6強の大規模地震に対する安全性の評価指標について

  1. Is値 < 0.3
    地震の振動及び衝撃に対して倒壊し,または崩壊する危険性が高い。
  2. 0.3 ≦ Is値 < 0.7
    地震の振動及び衝撃に対して倒壊し,または崩壊する危険性がある。
  3. Is値 ≧ 0.7
    地震の振動及び衝撃に対して倒壊し,または崩壊する危険性が低い。

CTU・SD値

 建物の形状などを考慮した耐震性を数値化した指標であり,数値が大きいほど耐震性が高い。

 0.3以上を目標値とする。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)