ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画調整課 > 6歳未満の子どもを持つ夫の1日あたりの育児・家事などを行う時間

6歳未満の子どもを持つ夫の1日あたりの育児・家事などを行う時間

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月9日更新

数字で学ぶ男女共同参画教室(広報まくらざき10月号掲載分)

1時間23分の画像

 この「1時間23分」という数字は,6歳未満の子どもをもつ夫が1日あたりに育児・家事などを行う時間です。

 10年前に比べ23分増えていますが,妻の7時間34分と比較すると圧倒的に短い状況です。

 男性の育児・家事などの家庭生活への参画は,ワーク・ライフ・バランスの推進や女性の活躍推進の視点からも重要なことです。

 国の「第4次男女共同参画基本計画」では,平成32年までにこの時間を「1日あたり2時間30分」にするという目標を掲げ,長時間労働の削減等の働き方の見直しなど,育児・家事に男性が参画できるような環境整備を進めています。

 男女が共に仕事と生活を両立できる暮らしやすい社会の実現に向け,社会全体が働き方や意識を改め,男性の育児・家事などへの参画を後押ししていくことが必要です。

 また,それが安心して子どもを産み育てる環境づくりにもつながります。

広報紙PDF

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)