ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 桜山中学校

桜山中学校 概要

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月10日更新

 本校は,昭和22年に桜山・金山・立神の3校区を対象に開校し,今年で創立73年目を迎えます。
 学校は,15世紀中頃から領主が居城した城山の跡にあります。城山は,別名「桜之城」とも呼ばれ,その名の通り
桜の名所としても知られていました。校章には,その桜が取り入れられています。
 校内に「城山の時鐘」として古くから地域の方々に愛されてきた鐘楼があり,今も大切に受け継がれています。入学
式と卒業式の際に,新入生徒と卒業生が「希望の鐘撞」として記念に鐘をつかせていただいています。
 本校校区の保護者,地域の方々は,学校教育への理解や関心が高く,協力・支援を惜しみません。特に地域住民で組織
された体育後援会は昭和28年設立以来今日まで,本校の部活動に対して金銭的な支援を続け,多大な貢献を果たしてい
ます。
 学校教育目標は「故郷を愛し,夢と志をもって,主体的に学び,心豊かでたくましい生徒を育成する」です。また,特色ある教育活動として「小中連携を核とした教育活動の充実」,「美術及び読書活動を核とした豊かな文化的体験活動の充実」の取組に職員がチームとして懸命に努めています。