ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

文化資料センター南溟館

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月30日更新

南溟館外観写真 南溟館館内写真 枕崎市文化資料センター南溟館(なんめいかん)は,市民の新しい文化ゾーンとして昭和62年度林野庁のモデル木造施設建設促進事業の適用を受けて,小高い丘の片平山公園の中に建設されました。
 水産業を中心に発展してきた町であることから,船のイカリをモチーフにデザインされた本館の建物や,屋外広場には波形のベンチを配置するなど「海」をイメージした大型木造施設となっています。

 館の名称は,市民から広く募集しました。「南溟(なんめい)」とは,"南に広がる大海原"という意味があります。
 昭和63年10月に開館して以来,田代コレクションを中心に美術品を収蔵しており,美術館としての運営を行っています。

アクセス

  • JR指宿枕崎線枕崎駅より徒歩で7分
  • 鹿児島市内より国道225号線を車で約80分
  • 電動アシスト自転車(駅前観光案内所発)で約10分

開館時間 

  • 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

  • 毎週月曜日(祝日の場合は翌日が休館)
  • 年末年始(12月28日~1月4日)

館内設備

  • 身障者用トイレ,車イス

観覧料

  • 無料(特別企画展の場合は,その都度定める料金で有料となります)

所在地

〒898-0013
鹿児島県枕崎市山手町175番地
Tel/Fax. 0993-72-9998