ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

海老原喜之助と郷土の群像展

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月7日更新

海老原喜之助と郷土の群像展

ebi

展示内容

 海老原喜之助没後50年にあたり,田代光雄氏より寄贈いただいた海老原喜之助の作品と海老原と同級生の吉井淳二や渡仏時代,師弟関係となり、海老原の人間性や芸術に大きな影響を与えた藤田嗣治,南日本美術展で初めて海外派遣留学生としてパリ留学した大嵩禮造などゆかりの作家の作品を展示します。

主 催

 枕崎市・枕崎市教育委員会

会 期

 令和2年8月22日(土曜日)~9月22日(火曜日)月曜日休館

 【開館時間】午前9時00分~午後5時00分(入館は午後4時30分まで)

会 場

 枕崎市文化資料センター南溟館 (第2展示場)

観覧料

 無 料

同時開催

 吉井淳二スケッチ展 (枕崎市文化資料センター南溟館 第1展示室)

新型コロナウィルスに関連した対応

 マスクの着用をはじめ,適切な消毒や換気,人との充分な間隔(約2m)の確保など,対策を講じます。また,県の取組みにならい,南溟館の収容定員の半分以下の参加人数の入場とさせていただくため,時間差での入場等,お願いする場合がございます。ご理解とご協力をお願いいたします。

【第1展示場 入場可能人数】30名 【第2展示場 入場可能人数】30名