ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 税(料)金 > 国民健康保険税 > 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民健康保険税の減免制度

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国民健康保険税の減免制度

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月1日更新

減免制度について

 国の「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」により、感染症の影響により世帯の主たる生計維持者の収入が減少した場合、保険料が免除又は減額されます。

減免の対象となる要件

 1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者(世帯主)が死亡し又は重篤な傷病を負った場合

 2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者(世帯主)の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、次の(1)から(3)までの全てに該当する場合

 (1)事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。

 (2)前年の地方税法(昭和25年法律第226号)第314条の2第1項に規定する総所得金額及び山林所得金額並びに法施行令に規定する他の所得と区別して計算される所得の金額(地方税法第314条の2第1項各号および第2項の規定の適用がある場合には、その適用前の金額)の合計額が1,000万円以下であること。

 (3)減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること。