ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 起業・経営・中小企業支援 > (10月26日一部改訂)枕崎市事業者応援資金支給事業
トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > (10月26日一部改訂)枕崎市事業者応援資金支給事業

(10月26日一部改訂)枕崎市事業者応援資金支給事業

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月28日更新

枕崎市事業者応援資金支給事業

 ※支給要件、申請受付期間を拡大・延長しました。(10月26日)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、令和2年7月から同年12月までのいずれか1か月の売上高が前年同月と比べて15%以上減少した事業者の事業継続を支援するため、「新しい生活様式」に対応するための経費等、事業全般に広く使える応援資金です。

 詳細については、水産商工課商工振興係までお問い合わせください。

表裏

(チラシ表)枕崎市事業者応援資金 [PDFファイル/359KB]
(チラシ裏)枕崎市事業者応援資金 [PDFファイル/440KB]

(こちらをよく読んで申請してください)枕崎市事業者応援資金申請要領(10月26日一部改訂) [PDFファイル/339KB]

※支給要件の一部、申請受付期間を改訂しました。(10月26日)

※支給要件の一部を改訂しました。(9月18日)

対象者

 (1) 枕崎市内に事業所を有しており、以下のいずれかに該当する中小企業者等(個人事業者含む)

  ※商工業に限らず、農林漁業などすべての業種が対象 (一部対象外あり)

ア 中小企業基本法第2条第1項各号に規定する中小企業者                              

 業種

中小企業者 (下記のいずれかを満たすこと)

資本金の額または出資の総額

常時使用する従業員の数

製造業、建設業、運輸業その他の業種

3億円以下

300人以下

卸売業

1億円以下

100人以下

サービス業

5,000万円以下

100人以下

小売業

5,000万円以下

50人以下

※個人事業者については、事業を営むことで主に生計を維持していること。(収入(給与・年金・不動産等を含む)全体のうち1/2以上が事業収入であること。) 

ただし、令和元年中の休業等により、例年に比べて事業収入が著しく減少していることが確認できる場合は、平成30年中の収入(給与・年金・不動産等を含む)全体のうち1/2以上が事業収入であること。 (9月18日追加)

イ 上記に該当する法人以外の法人であって、資本金の額または出資の総額が3億円以下の法人及び常時使用する従業員の数が300人以下の法人。

 (2) 次のいずれかに該当する者は、対象者から除きます。  

ア 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第5項に掲げる「性風俗関連特殊営業」を行う者

イ 政治団体、宗教上の組織もしくは団体

支給要件

(1) 令和2年7月1日時点において枕崎市内で事業を営んでおり。今後も引き続き本市内で事業を継続する意思のある事業者(個人事業主を含む。)

 (2) 新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が減少しており、以下のいずれかに該当すること。

 ア 令和2年7月から同年12月までのいずれかの1か月の売上が、前年同月と比べ15%以上減少していること。 (10月26日改訂)

 イ 創業して間もない事業者で前年同月に事業を行っていない場合は、令和2年7月から同年12月までのいずれか1か月の売上が、創業月から令和2年6月までの任意の連続する3か月平均売上と比べて15%以上減少していること。(10月26日改訂)

 ウ 令和2年5月以降に創業して3か月の月平均売上高が算出できない場合は、令和2年7月から同年12月までのいずれか1か月の売上高が、創業月から令和2年6月までの月平均売上高と比べて15%以上減少していること。(10月26日改訂)

 エ 休業等により、単純な売上高の前年比較が困難な場合は、令和2年7月から同年12月までのいずれか1か月の売上高が、平成30年同月と比べて15%以上減少していること。(10月26日改訂)

 オ 令和元年4月から同8月の間に創業した事業者で、事業規模が創業後で小さいことにより、単純な売上高の前年比較が困難な場合は、令和2年7月から同年12月までのいずれかの1か月の売上高が令和元年7月から令和2年6月までの任意の連続する3か月の月平均売上高と比べて15%以上減少していること。(10月26日改訂)

 ※法人成りや債務者の変更等により申請者と前年同期における事業者が異なる場合、売上高の比較については、事業の同一性が確認できれば、法人成り前の個人もしくは変更前債務者との比較をして構わない。 (9月18日追加)

支給額

  1. 一律15万円(全事業者・1回限り)

  2. 上乗せ支給

対象業種

基準 (15万円)

上乗せ額

支給額

飲食サービス業(※1)、カラオケボックス業(※2)、運転代行業

一律

15万円

30万円

宿泊業(※3)

客室数

1~10

15万円

30万円

11~20

20万円

35万円

21~30

25万円

40万円

31~40

30万円

45万円

41~50

35万円

50万円

51~60

40万円

55万円

61~

45万円

60万円

その他の業種

(性風俗関連特殊業種、政治団体、宗教上の組織もしくは団体等を除く)

一律

15万円

(※1)飲食サービス業
 日本標準産業分類の大分類「M 宿泊業、飲食サービス業」のうち、中分類「76 飲食店」及び「77 持ち帰り・配達飲食サービス業」に分類される事業所
 ( 食堂、レストラン、専門料理店、居酒屋、バー、スナック、喫茶店、仕出し料理、弁当屋 等 )

  (※2)カラオケボックス業
   個室において、主としてカラオケを行うための施設を提供する事業所

  (※3)宿泊業
   日本標準産業分類の大分類「M 宿泊業、飲食サービス業」のうち、中分類「75 宿泊業」に分類される事業所
   ( 旅館、ホテル、簡易宿所、下宿業 等 )

申請方法

 次の資料を水産商工課商工振興係に提出してください。

法人の場合個人事業主の場合
 

1. 申請書兼請求書 (様式 PDF版 [PDFファイル/93KB] / Word版 [Wordファイル/16KB]

 (記入例 [PDFファイル/365KB]

2. 誓約書 (様式 PDF版 [PDFファイル/82KB]

3. 申請書類確認チェックリスト (様式 PDF版 [PDFファイル/125KB]

4. 減収月の売上高が分かるもの

5. 令和元年分の確定申告書の写し
  ・ 別表一
  ・ 法人事業概況説明書(両面)

6. 振込先口座通帳の写し
  (通帳を開いた1・2ページ)

1. 申請書兼請求書  (様式 PDF版 [PDFファイル/93KB] / Word版 [Wordファイル/16KB]

記入例 [PDFファイル/365KB]

2. 誓約書 (様式 PDF版 [PDFファイル/82KB]

3. 申請書類確認チェックリスト (様式 PDF版 [PDFファイル/125KB]

4. 減収月の売上高が分かるもの

5. 令和元年分の確定申告書の写し等

・ (青色申告の場合)
 第一表及び青色申告決算書

・ (白色申告の場合)
 第一表及び前年対象月の売上高
が分かるもの

・ (確定申告の義務がない方の場合)
 令和2年度市・県民税申告書の写し(控え)及び前年対象月の売上高が分かるもの
 ※令和2年度市・県民税申告書の写し(控え)は市役所税務課課税係で発行しています。

6. 振込先口座通帳の写し
(通帳を開いた1・2ページ)

※雇用契約によらない業務委託契約等に基づく事業活動による所得を、雑所得や給与所得として申告している方(フリーランス等)は、追加で業務委託等の契約書の写しを提出してください。

※青色申告の農業者(確定申告では月別売上高が分からない)は月別売上高が分かるものを提出してください。

※ 創業して間もない事業者で初回の申告時期を迎えていない場合、比較対象月の売上がそれぞれ分かるものと、「開業届」の写しを提出してください。

申請受付期間

 令和2年8月11日(火曜日)~ 令和3年1月29日(金曜日) ※当日消印有効

 ※申請受付期間を延長しました。(10月26日改訂)

申請方法

 原則として郵送

 ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご理解、ご協力をお願いします。

  【提出先】

〒898-8501 枕崎市千代田町27番地 枕崎市水産商工課

         事業者応援資金  担当  宛

お問合せ先

 枕崎市水産商工課商工振興係 Tel0993-72-1111(内線421)

 (所在地)枕崎市松之尾町64番地 枕崎市水産センター2階

枕崎市事業者応援資金支給事業補助金交付要綱

 準備中

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)