ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農政課 > 「ツマジロクサヨトウ」県内での確認

「ツマジロクサヨトウ」県内での確認

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月12日更新

「ツマジロクサヨトウ」県内での確認

国内未発生の害虫である「ツマジロクサヨトウ」が、本市を含む県下18市町で確認されました。

本虫は幼虫がトウモロコシや稲、大豆等を食害しますが、人畜に無害であり、 本虫が付着した植物を食べても人・家畜の健康を害することはありません。

また国によれば、これまで国内で発生しているヨトウムシ類と同様、 的確な防除の実施により被害の軽減が可能であるとのことです。

現在、周辺地域における発生状況を把握するための調査や、発生が確認されたほ場における初動防除が本市でも行われています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)