ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 男女共同参画 > 男女共同参画講座・イベント(市外) > 7月25日から31日は「鹿児島県男女共同参画週間」です
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 男女共同参画 > 男女共同参画 > 7月25日から31日は「鹿児島県男女共同参画週間」です

7月25日から31日は「鹿児島県男女共同参画週間」です

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月2日更新

 鹿児島県では7月25日から31日を「鹿児島県男女共同参画週間」と定め,すべての人々が人権を尊重され,性別にかかわりなくその個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現に向けて,集中的な啓発活動を行っています。 

 今年度は「第3次鹿児島県男女共同参画基本計画」の初年度となることから,同基本計画を,私たち一人ひとりの人生設計を応援する社会の設計図と位置づけ,以下のとおり,週間事業が実施されます。

 基調講演やワークショップを通して,私たちの人生設計と男女共同参画について考えてみませんか?

 申し込みの際は,直接,鹿児島県男女共同参画センターへ申し込んでください。

「Start up!」かごしまジェンダー推進プロジェクト コロナ禍で再認識された男女格差についてみんなで考えてみたいこと

 「新しい日常」を暮らしはじめて1年以上が経ちました。コロナによる暮らしへの影響はあらゆる人に及びましたが、ジェンダーが反映される固定的な役割分担等を背景に、特に女性に深刻な影響をもたらしています。

 このような中にあって、鹿児島県では今年度から「かごしまジェンダー平等推進プロジェクト事業」を開始します。

 コロナ禍で経験した様々な問題をジェンダー視点で振り返りながら、この危機を乗り越えた先の私たちの社会に・・・、何を持ち越し、何を持ち越さないのか・・・、「誰一人取り残さないポストコロナの社会へ」向けて、みんなで考えるために2021年の「鹿児島県男女共同参画週間事業」を実施します。

 

展示「数字で見るジェンダー平等~コロナ禍編~」

  • 場所:かごしま県民交流センター西棟2階展示ロビー,マルヤガーデンズ3階連絡通路,鹿児島県庁1階ロビー,枕崎市役所1階市民ホール 他

 私たちの社会にはどのような「男女格差」があるのか、コロナ禍にあって、どのような影響を受けたのか「数字」をキーワードに「ジェンダー平等」について考えます。

 

 

ワークショップ「コロナ禍のわたしと、ポストコロナの希望をつなぐジェンダー平等」

  • 日時:令和3年7月31日(日曜日) 午後2時~4時
  • 場所:かごしま県民交流センター 西棟2階中ホール/オンライン配信(zoom)あり

 「新しい日常」を「新しい生活様式」で暮らしてきた私たちで重ねる対話。

 展示をもとに、ここまでの生活を振り返りながら、これからの社会への希望をつなぐ「ジェンダー平等」について語り合います。

 

  • ※新型コロナウイルス感染症の状況によりオンライン開催に変更になる場合があります。
  • ※オンライン参加に必要な機器の用意及び通信料等は参加者のご負担となります。
  • ワークショップ申込書 [PDFファイル/459KB]

 

申し込み・問合せ先

 鹿児島県男女共同参画センター(かごしま県民交流センター男女共同参画推進課)

 〒892-0816 鹿児島市山下町14-50
 Tel 099-221-6603
 Fax 099-221-6640
 E-mail p-harmony@pref.kagoshima.lg.jp

関連サイト

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)