ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康課 > 枕崎市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画

枕崎市新型コロナウイルスワクチン接種実施計画

印刷用ページを表示する掲載日:2021年4月13日更新

令和3年3月作成

第1 概要

 新型コロナウイルス感染症については,感染拡大を防止し,枕崎市に住民票を有する市民(以下,「市民」という。)の生命及び健康を守るため総力を挙げてその対策に取り組み,あわせて社会経済活動との両立を図っていく必要がある。

 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン(以下「新型コロナウイルスワクチン」という。)については,現在開発がすすめられており,国民への円滑な接種を実施するため,国が主導的役割を担い,県及び市が協力し合って,必要な体制の確保に取り組んでいくこととされている。

 国が示す新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き等を踏まえ,枕崎市医師会及び南薩医師会の協力を受け,実施体制の構築を目指していくが,住民接種における基本的な考え方,予防接種の対象者,接種体制等について示す。

 

第2 基本的な考え方

  1. 住民接種が円滑に実施できるよう,枕崎市医師会や医療機関と十分協議する。
  2. 接種実施医療機関や集団接種会場において感染症が拡大することのないよう,感染防止策を講ずる。
  3. 原則,枕崎市の医療機関で接種を受けることとするが,接種スケジュール状況等を見ながら,今後集団接種会場の設置も検討し計画する。
  4. 新型コロナウイルス感染症の診療や通常の診療に過度な悪影響が生じないよう配慮する。

 

第3 対象者

1  対象者の範囲

(1) 枕崎市において,住民基本台帳に記録されている者を対象として行うものとする。

(2) 医薬品,医療機器等の品質,有効性及び安全性の確保等に関する法律に基づくいわゆる薬事承認において接種の対象にならない者は接種の対象から除外される。

(3) 新型コロナウイルスワクチンの接種当日に,戸籍または住民票に記載のない者その他の住民基本台帳に記録されていないやむを得ない事情があると市長が認める者についても,当該者の同意を得たうえで接種を実施することができる。

 

2  接種対象者の試算

 接種順位と対象者数の算定は以下のとおりとする。総人口は令和3年3月1日現在,20,454人として算出した。

順位

区分

対象者の詳細等

対象者数

医療従事者等

医療機関において,新型コロナウイルス感染症患者(疑い含む)に頻回に接触する機会のある医師,その他の職員等(新型コロナウイルス感染症患者の救急搬送に携わる救急隊員を含む)

医療機関から出された希望者数による。

979人

高齢者

令和3年度中に65歳以上に達する者

8,655人

基礎疾患を有する者

 

令和3年度中に65歳に達しない者であって,新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き接種順位において定める病気や状態の方で通院や入院をしている方

※手引きにより,総人口の6.3%(20歳~64歳の場合)として算定

1,289人

高齢者施設等の従事者

高齢者が入所・居住する社会福祉施設等において,利用者に直接接する職員

※手引きにより,総人口の1.5%として算定

307人

 

60~64歳の者

ワクチンの供給量によっては,基礎疾患を有する者と同じ時期に接種を行う。

令和3年3月住民基本台帳年齢階級別人口の60歳~64歳の者の合計

1,571人

上記以外の者

ワクチンの供給量を踏まえ,順次接種

7,653人

 

第4 接種体制

1  実施期間

 令和3年2月17日から令和4年2月28日まで(※臨時接種の実施に係る市町村への厚生労働大臣の指示による期間)

 

2  会場と接種機関及び人数

 原則として65歳以上の高齢者については医療機関における個別接種とする。その他の者については,医療機関における個別接種を基本としながら,ワクチンの供給量及び医療機関での接種状況を踏まえ,枕崎市立病院を会場とした集団接種も検討する。

 令和3年3月31日時点における枕崎市医師会の医療機関での個別接種体制は,12医療機関において1週間あたり785人である。

 

3  対象者ごとの調整事項

高齢者

高齢者施設入所者

協力医療機関において接種するまたは基本型接種施設,サテライト型接種施設からの巡回接種により実施する。

対象施設での接種については,老人保健施設で検討中。

一般高齢者

主治医または協力医療機関で個別接種を実施。主治医が市外の場合は,医療機関に問い合わせて予約・接種を行う。

基礎疾患を有する者

 

主治医のいる医療機関で個別接種を実施。主治医が市外の場合は,医療機関に問い合わせて予約・接種を行う。

高齢者施設等従事者

自施設で行う場合

高齢者の接種時期に,勤務する自施設において接種する。

各自で接種する場合

一般住民の接種と同時期,同方法にて接種する。

一般住民

 

協力医療機関における個別接種または枕崎市立病院における集団接種において実施。

 

4  コールセンターの設置

 令和3年3月29日に枕崎市健康センター内に,新型コロナワクチンコールセンター(以下「コールセンター」という)を設置し,市民からの問い合わせや接種予約の受付を行う。

 コールセンターには委託職員等4~5人を配置し,電話回線4本を有し,月曜日から金曜日(祝日を除く)の9時から16時30分まで運用する。

 

5  予約受付

 市内医療機関での個別接種及び集団接種の予約を,コールセンターへの電話またはインターネットの予約受付サイトで,予約2回分をまとめて受け付ける。

 

6  接種開始時期

 65歳以上の高齢者への接種は令和3年5月10日月曜日より開始する。

 

7  予防接種への同意

(1)  予診票

 1回目予診票は,接種券と同時に送付し,2回目の予診票は枕崎市健康課で準備し接種医療機関に配布し,1回目接種終了時に医療機関において対象者へ配布する。

 

(2)  接種不適当者及び予防接種要注意者

 予診の結果,異常が認められ,予防接種を受けることが適当でない者またはそれに該当する疑いのある者と判断される者に対しては,当日は接種を行なわない。また予防接種の判断を行うに際して注意を要する者については,慎重に予防接種の適否を判断するとともに,説明に基づく同意を確実に得ること。

 

(3)  接種後副反応等に関する説明及び同意

 予診の際は,予防接種の有効性・安全性・予防接種後に通常起こり得る副反応やまれに生じる重い副反応並びに予防接種健康被害救済制度について,接種の対象者またはその保護者がその内容を理解しうるような適切な説明を行なった上で,予防接種の実施に関して文書により同意を得た場合に限り行うものとする。

 

(4)  16歳未満の予防接種等

 医療機関及び接種会場における新型コロナワクチンの接種については,原則保護者の同伴が必要であることとし,同意等については新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引きに基づき取り扱うものとする。

 

8  住民に対する情報提供

 65歳以上の高齢者については,令和3年3月31日に発送する接種券とともにワクチンに関する情報の説明書等を郵送する。また広報枕崎やお知らせ版,市のホームページにて,情報提供を行う。

 

9  健康被害救済の申請受付,給付

 新型コロナウイルスワクチンを接種したことによると考えられる健康被害が生じた場合,健康被害救済給付の申請を受け付け,国が接種による健康被害と認定した時は,救済給付を行う。

 

10  その他

 本計画に定めのないものは,新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引きによるものの他,必要に応じて庁内関係課,枕崎市医師会,接種協力医療機関と協議を行ない,決定するものとする。