ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 教育 > 小・中学校・高等学校 > 枕崎市内の小・中学校夏季休業日の短縮について

枕崎市内の小・中学校夏季休業日の短縮について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月30日更新

枕崎市内の小・中学校夏季休業日の短縮について

 本市の小・中学校では,新型コロナウイルス感染症の影響による二度の臨時休校を行い,学校再開後は学校行事を延期または中止して教科の授業に振り替えたり,時間割を工夫したりして教育活動を実施しているところです。

 そこで,本年度は学ぶ機会を確保して,すべての児童生徒の学力の確実な定着を図るとともに,今後の新型コロナウィルスの第2波,台風・暴雨大雨の到来及びインフルエンザの流行等に伴う学校・学年・学級閉鎖等に対応するために,下記のとおり夏季休業期間を短縮し,授業等を実施することにいたしました。

1 夏季休業日の変更

 (1) 8月1日(土曜日)から8月31日(月曜日)までを夏季休業日とする。

 (2) 7月21日(火曜日)から7月31日(金曜日)の7日間(祝日及び週休日は除く。)を授業日とする。

 (3) 7月20日(月曜日)から7月30日(木曜日)までは給食は実施し,午後も授業をする。

 (4) 1学期の終業式は,7月31日(金曜日)とする。

2 変更の理由

 (1) 臨時休校期間における授業時数の不足や定着が不十分な学習内容を補充するため。

 (2) 2学期の学校行事の増加に伴い,学習内容の詰め込みで児童生徒の負担が増えないようにするため。

 (3) 第2波の新型コロナウイルスによる臨時休校の授業時数の確保に備えるため。

3 授業における指導内容について

 (1) 前年度の未指導分の補充

 (2) 本年度の1学期学習内容の補充

 (3) 学校行事等を延期したことにより指導時期を変更した内容

 (4) 個別指導の充実